第3回・アプリケーション間でのデータ共有 - テキストファイル大好き! -

前回授業では、ネットワークを利用したコミュニケーションツールとして、電子メールの利用方法を学んだ。課題レポートも全員が期日までに提出でき、電子メールの利用方法はほぼ理解できたようだ。
今日の授業では、ネットワーク利用のコミュニケーションのためにウェブページを利用する方法を学ぶ。今後のレポート課題は全てPukiwikiを用いたウェブページ経由で提出してもらうので、使い方を十分理解してほしい。とはいえ、ほとんどの皆さんは、ウェブブラウザ(FireFoxやInternet Explorer)を使って、ウェブページになんらかの情報を入力するということを経験済みだと思うので、何も心配することは無いと思う。

第3回授業の獲得目標: [worried]

  1. Pukiwikiによるページの作成方法を覚える
    • コンピュータを用いたコミュニケーションの1つ:今後のレポート提出に使うので特に重要
  2. テキストデータ(テキストファイル)とは何かを理解する
  3. テキストエディタの基本的な使い方(テキスト入力、検索、置換)を体験する
  4. 異なるアプリケーションでテキストデータを共有する方法を体験する(テキストエディタとエクセル等)

Pukiwikiによるコミュニケーション:  [smile]

今回の授業では、ネットワークを利用したコミュニケーションの最後の例として、Pukiwiki(「プキウィキ」と読む)というシステムの利用方法を学ぶ。Pukiwikiはウェブブラウザからウェブページの編集・公開が簡単に行える、とても便利なシステムだ。 今後、この授業でのレポート提出はこのPukiwikiシステムを用いるので、十分に習得して欲しい(とはいえ、操作はそれほど難しく無い)

統合メールでアカウントとパスワードの受け取り

前回授業のおまけでやったが、各自、統合メール(http://cuacmsrv.chiba-u.jp/ )にログインして、メール受信箱をみてほしい。私から「PukiWikiアカウント」というメールが届いているはず。

PukiWiki個人ページへのアクセス: アカウントとパスワードの入力

まずはPukiWiki利用の小手調べ。H21情報処理(生物学科)Pukiwikiサイトに入り、自分のページを表示させてみよう。

  1. http://bean.bio.chiba-u.jp/joho/index.php?joho21をクリック
    • 右クリックして、「リンクを新規タブで開く」方が便利
  2. そうするとアカウントとパスワードの入力を求められるので、メールで受け取ったアカウントとパスワードを入力
  3. 自分の学籍番号のリンクをクリックする

注: 間違って他人のアカウントをクリックすると、アカウントとパスワードの入力を求められて入れ無い!
しかも、自分のページに入るときに、もう一度アカウント・パスワードの入力を求められることになるので、入力は慎重に。。

ページの編集

今見えているのが、皆さんが自由に書き込んだり、編集したりして、教員への情報を発信できるページだ。トップページには、前回提出してもらった自己紹介の内容が書かれているはず。では、このページを編集してみよう。

  1. ページの一番上の方に青文字で書かれている「編集」というリンクをクリック
  2. 文章を入力する画面が現れる。前回Wordの文書として提出した内容が書かれているはず(なお、このページは書き込んだ本人と、私とTAしか見られない。)
    このページの一番上の行に、次の内容を入力してみよう(コピー・ペーストで構わない)
    *<氏名>のページ
  3. 書き込みウィンドウの下の方にある「ページの更新」というボタンをクリック これで、今作ったページがインターネット上に公開された。ページの一番上には、青色の大きな文字で、ページの表題が表示されているだろうか。

レポート提出用:新規ページの作成【重要

今回以降のレポートは、このPukiWikiシステムを使って提出することになる。では、第3回課題の提出用ページを作成してみよう。

  1. 個人ページのメインページ(ページの上の方にjoho20/学籍番号という文字が表示されているページ)で、ページの一番上に並んでいる青い文字のうち「新規」をクリック。
    #02_1.jpg
  2. ページ名を入力する画面が現れるので、
    ./03

    (全て半角文字で、ピリオド・スラッシュ・03 と入力)
    #02_2.jpg

  3. 編集画面が現れるが、今は何も書き込まなくて良い。
  4. 下の方の「更新」をクリック
    #2_4.jpg
  5. これで、レポート提出用のページが新しくできた!レポート提出するときには、文章を書き足したり、削除したり、自由に編集。
  6. 内容を確認したら、ページの一番下にある「ページの更新」ボタンを押せばよい。

注意:

./03

と入力したはずなのに、出来たページの名前は

joho21/09s40XX/03

になっているはず。
#2_3.jpg
先ほどのような操作を繰り返すことで、自分のメインページの下に階層的にページを作成することができるので覚えておこう。この操作は、毎回のレポート提出時に繰り返すことになる。

MenuBarの作成

最後に、画面の左のメニューバーを自分だけのメニューにしてみよう。

  1. 自分のトップページに入り、下の方法で新しいページを作る。全て半角英文字で入力すること(大文字、小文字の区別もある)。
    ./MenuBar
  2. ページの編集画面に次のデータをコピーペーストし、自分のアカウントのところを自分の学籍番号のものに置きかえ(半角数字)。3箇所全てを書き換えること。
    最後に氏名を漢字で入力
    &ref(joho21/09s40XX/09s40XX.jpg,60%);
    *氏名:ここに入力
    #ls2(joho21/09s40XX/,except=MenuBar,display=hierarchy,relative)
  3. 最後に自分のトップページをもう一度表示させてみる。自分専用のメニューバーが左側に表示されただろうか。

  

一般のホームページ作成とPukiwikiによるページ作成の対比

Pukiwikiというのは、初心者でも簡単に、ウェブページを使って情報を公開・共有できるシステムだ。今、皆さんが行ったのは、

  1. 自分のページに入って
  2. 新規や編集をクリック
  3. 内容を入力して
  4. ページの更新

     たったこれだけの作業で、自分が公開したい情報を、全世界にむかって発信したわけ!
     「でも、公開して無いじゃない」という声が聞こえてきそうだが、そうでもない。例えば、アフリカにいる君の友達に、自分のアドレスとパスワードを教えれば、彼は今まさに、あなたのページを見ることができる。
     公開はしているけれど、パスワードで制限がついている
    というのが今の状況。  以前に行ったアンケートで、ホームページを作ったことのある人が何人かいた。でも、今回やったPukiwikiによるページ作りと公開は、その時の作業とはずいぶん違うと思う。簡単にまとめてみると、

  • HTMLファイルによるホームページ公開
    1. HTMLファイルの作成 (用語:HTMLファイルっていうのは、タグで書式を指定したテキストファイル。後の授業で学習する。)
    2. 接続ソフトを使ってサーバにFTP接続し、ファイルをアップロード
  • Pukiwikiによるホームページ公開
    1. ブラウザでPukiwikiサイトに接続
    2. ブラウザからメニューに従って、テキスト情報を入力。書式指定はPukiwikiのルールに従う。

 たぶん、一番大きな違いは、Pukiwikiの方は、普段使い慣れているウェブブラウザ(FireFoxとかExplorer)を使うだけで、ウェブページの作成、更新、公開ができるということ。

  • 通常のHTMLファイルの修正や更新は、上の1,2の繰り返しになるので、けっこう面倒くさい。。。
「Pukiwikiってすごいなー。でも、誰でもPukiwikiサイトを準備できるわけでは無いでしょ?」~

そのとおり。自分でPukiwikiサイトを作ろうと思えば、いろいろと知識は必要。でも、今回体験してほしかったのは実は、

ブラウザからテキスト情報を入力するだけで、ウェブページを作成・公開できた ということ。

そんなの当たり前と思った人は、もしかすると、ブログやMixiを使った経験がある人かもしれない。
ブログ(Weblog, Blog)やMixiが流行したその理由の一つが、PukiWikiと同じように、ウェブページの作成・公開がブラウザから簡単にできるということだろう。

ブログではできないけど、Pukiwikiならできる共同作業

 では、せっかく作ったのだから、Pukiwikiを使ってできる特徴的なことを一つ体験してみよう。それは、

ウェブ上でコミュニケーションを取りながら共同作業ができる

 ということだ。
 有名な例はみんなで作る百科事典:ウィキペディア http://ja.wikipedia.org/ で、皆さんも課題の調べ物などで活用しているだろう。

 では、ここで皆さんにも Pukiwikiを使ってこれから実際に、共同作業をして貰う。まず手始めに、どのような共同作業のプロジェクトを作ればよいか、アイデアを出して欲しい。http://bean.bio.chiba-u.jp/joho/index.php?joho21%2FPROJECT にアクセスして、7月16日の授業でパワーポイントを使って発表するためのプロジェクトのアイデアを書き込むこと。それが共同作業の第一歩であり、[第3回課題]の1つ。

テキストファイル大好き [heart]

 コンピュータは道具。コンピュータ無しで同じことができるなら、別に使わなくても構わない。でも。。。
 大量のデータを短時間で処理したり、みんなで同じデータを共有したいとき、使わない訳にはいかない。。。
 どうせ使うなら、できるだけイライラすることなく、鼻歌交じりでやりたいね [bigsmile]
 皆さんのコンピュータ利用のスキルアップを図るのが、この講義の目的

特に、テキストデータ(ファイル)の扱いに慣れることができれば、データ処理の効率が飛躍的に向上する!

今日からほとんど毎時間、テキストファイル(あるいは、テキストデータ)の扱いを学ぶ

基本技は1.コピー・ペースト 2.テキストファイル(エディタ)利用 3.一括検索&置換

テキストファイルとは: [smile]

 テキストファイルというのは、簡単に言うと、書式の指定や修飾文字の無い、文字情報(テキストデータ)だけからできているファイルのことだ。
前回課題で2つの文字列のデータの違いについて答えて貰ったが、多くの人が、「片方はテキスト(文字)で、片方は画像」であると答えていた(もちろん、画像の細かさの違いだとか、ファイルが添付されているとかの答えでも、間違いでは無い)。
では、どうしてこの授業でテキストデータに注目するかというと、それは、

 &size(18){テキストデータはほとんどのアプリケーションで扱うことができる} からだ。 つまり、

     テキストファイルは万能選手!

テキストファイルを自由自在に操れることが、いろんな仕事をコンピュータで効率良くこなすための早道だろう!!

前回、前々回の課題でも、皆さんはウェブページに表示された情報を、コピー・ペーストで他のアプリケーションやページに移動させてきた。

つまり、コピー・ペーストを使えば、ウェブ上のテキストデータを他のアプリケーションと共有できる! ということ。
また、テキストデータを保存したファイルのことを、テキストファイルと言う。テキストファイルは明示的に .txt という拡張子が着いたものもあるし、例えば、ウェブページに使われる HTMLファイル(後の授業で出てくる)もテキストファイルだ。

テキストファイルを扱う道具: テキストエディタ [smile]

 テキストファイルはMS Wordなどでも作成することができるが、テキストファイルの扱を専用とするアプリケーションを使う方が絶対いい!それがテキストエディタ。

この授業では K2Editor を使う。
 これを選んだ理由は、

  • 教育情報システムの端末でも動作可能
  • フリーソフト
  • 正規表現検索・置換が使える

K2Editorのインストール

では、K2Editorをダウンロードして、インストールしてみよう。

  1. ダウンロードサイトにアクセス → http://www.vector.co.jp/soft/dl/win95/writing/se126077.html
  2. 画面中段右のボックスの中に書かれている「HTTPでダウンロード」をクリック
  3. 小さいウィンドウが開いて処理を尋ねられたら、LhaplusArchiveで開くを選択
  4. デスクトップにK2Editorのフォルダができる
  5. フォルダの中のK2Editor.exeをクリックして起動してみよう

K2Editorを用いたテキスト操作

  1. 開いたウィンドウに
    内閣総理大臣 麻生太郎 (あそうたろう) 衆院
    総務大臣・内閣府特命担当大臣 (地方分権改革) はとやまくにお 衆院
    法務大臣 森英介 (もりえいすけ) 衆院
    外務大臣 中曽根弘文 (なかそねひろふみ) 参院
    財務大臣・内閣府特命担当大臣(金融・経済財政政策) 与謝野馨 (よさのかおる) 衆院
    文部科学大臣 塩谷立 (しおのやりゅう) 衆院
    厚生労働大臣 舛添要一 (ますぞえよういち) 参院
    農林水産大臣 石破茂 (いしばしげる) 衆院
    経済産業大臣 二階俊博 (にかいとしひろ) 衆院
    国土交通大臣 金子一義 (かねこかずよし) 衆院
    環境大臣 斉藤鉄夫 (さいとうてつお) 衆院
    防衛大臣 浜田靖一 (はまだやすかず) 衆院
    内閣官房長官・拉致問題担当 河村建夫 (かわむらたけお) 衆院
    国家公安委員会委員長・内閣府特命担当大臣(沖縄及び北方対策・防災) 佐藤勉 (さとうつとむ) 衆院
    内閣府特命担当大臣(規制改革)・行政改革担当・公務員制度改革担当 甘利明 (あまりあきら) 衆院
    内閣府特命担当大臣(科学技術政策・食品安全)・消費者行政推進担当 野田聖子 (のだせいこ) 衆院
    内閣府特命担当大臣・(少子化対策・男女共同参画) 小渕優子 (おぶちゆうこ) 衆院
    の内容をコピーペーストする。(ちなみに、このリストは首相官邸のページhttp://www.kantei.go.jp/jp/asodaijin/080924/index.htmlから持ってきた)
  2. ファイルnaikaku.txtという名前で保存.

    これで、テキストファイルが作成できた!

異なるアプリケーションでテキストデータを共有:Excelとテキストエディタによる情報加工 [smile]

 Excelは表計算ソフトと呼ばれ、アプリケーションの中で、最もよく使われるもののうちの1つ。しかも、ワープロのように、たんなる文章の整形・印刷ということを目的としているのではなく、カラム(表のマス目のこと)の中に納められた情報を、他のカラムの値と併せて計算したり加工することができる。しかも、ある2つのカラムの間で計算する関係を一度決めれば、相対的な位置関係が同じ他のカラム同士の計算も自動的に行えるという、非常に、コンピュータらしい作業を行うことができるソフトウェア。

 Excelは表を扱うのが得意なので、まず起動して、上にある大臣一覧表をペーストしてみよう。

  1. まず、上の大臣一覧表を選択して、コピー
  2. Excelを起動
  3. 新しく開いた表の一番左上のカラムをクリック
  4. ペースト

大臣は大臣で1つの列に、名前は名前で1つの列に並んだ表になることを期待していたんだけどだめだった。では、こういうウェブページからコピーしたテキストデータを、エクセルの表にうまく当てはめるにはどうすれば良いか。

K2EditorとExcelの合わせ技

こういう時こそ、テキストエディタの出番。次のような操作をしてみよう。

  1. 先ほどせーブしたnaikaku.txtをK2Editorで開く
  2. 次に、K2Editorの置換ウィンドウを開いて、以下の置換操作を行う 
    • 検索文字    (ここに書かれているのは半角スペース1つ)※全角・半角を間違わないように
      置換文字 	(ここに書かれているのはタブ)※: タブの入力方法は、前方スクリーンで説明
       (K2Editorの編集画面でTabキーを押して表示されるタブ記号をコピーして、置換文字ウィンドウにペースト)
    • 全てを置換する。
  3. そうすると、上の置換で、データは次のように置き換わった
    大臣名<タブ>氏名<タブ>(ふりがな)<タブ>衆参別
  4. 全体を選択してコピーする。
  5. エクセルで新しいページを開き、左上角のセルをクリック(オプション:セルの書式を文字列に設定)
  6. ペースト

この作業で、期待通りの表ができたはず。あとは、エクセル上でいろいろな操作ができる。

他にも、リストに含まれている( ) が不要だったら、テキストエディタで一括置換して消してしまえばいい。

今日はまず、こんなところ。次週からは、テキストエディタを使った様々な操作を学ぶ。

【トピックス】:タイピングに慣れよう!

Untitled-1.gif
(タイピング練習ソフト:Ozawa-Kenのスクリーンショット)

コンピュータが不得手な人の中には、タイピングが得意じゃないという人が沢山いる。たしかに、タイピングが不得意だと、

ワープロで文章を書きたいのに、「Wのキーってどこだったっけ?」ってキーボードとにらめっこしなきゃいけない
そんなことやっていると、自分の思考のスピードに合わせてタイピングできないからイライラする
授業だとキーを探しているうちに話題が変わってしまって焦る。。。
これじゃあ、携帯電話で文章を書く方がよっぽど楽???)

なんということになりかねない。でも、キーボードタイピングは練習次第ですぐに上達する。しかも、ピアノの練習と違い、キータイピングは周りに迷惑をかけずに、一人、黙々と練習でる。
コンピュータが無かった頃、タイプライターでキータイピングを覚えるには、毎日、30分ぐらい、次のような練習をすることだった。
まず、ホームポジションに指をおくと、左の人差し指はF、右の人差し指はJ、左の中指はD、右の中指はKに対応しているから、4本の指を交互に動かし、

ffff jjjj ffff jjjj fjfjfjfj jfjfjfjf
dddd kkkk dddd kkkk dkdkdkdk kdkdkdkd

などとひたすら打つ。1-2週間も続ければ、ホームポジションは覚えられるし、タッチタイピングもほぼできるようになる。
もし、タッチタイピングができるようになれば、コンピュータに対する苦手意識をかなり解消できることは間違いない。

そこで、ゴールデンウィークも近いことだし、ちょっと練習してみては?キー入力がストレス無く行えるようになるだけで、コンピュータとのつきあい方が、ずいぶん違って来るだろう。下のサイトでは、ネットでタイピング練習ができたり、練習ソフトがダウンロードできる。

オススメは一番上のOzawa-Ken 。ダウンロードして、一緒に挑戦してみよう。

第3回授業課題

下の課題を全て行うこと。

復習課題:PukiWikiページを用いたレポート提出

  1. 上で作成したレポート提出ページ(「自分のID」/03 )にアクセスし、「編集」リンクをクリック
  2. 下の囲みの中をコピー・ペーストし、回答を書き込む
  • 提出期限:5月6日水曜正午
    *第3回課題
    ***氏名:
    ***1.復習課題:第3回授業アンケート
    -今日の授業の進み方は?(はやい、丁度いい、おそい)
    --回答:
    -今日の授業の難しさはどう感じましたか( 簡単、丁度いい、難しい)
    --回答:
    -難しいと答えた人は、特にどの点が難しかったですか?
    --回答:
    -今日の授業は?(よく分かった、半分ぐらいは分かった、分からなかった)
    --回答:
    -分からないと答えた人は、特にどの点が分からなかったですか?
    --回答:
    -今日の講義で理解できなかった用語があったら挙げてください
    --回答:
    -予習課題1の答え:
    -予習課題2の答え:

予習課題:テキストデータの検索・置換

   Humpty Dumpty sat on a wall.
   Humpty Dumpty had a great fall.
   All the king's horses and all the king's men
   Couldn't put Humpty together again. 

という内容のテキストがあります。このテキストについて次のような検索・置換を行うと、どういうことが起きるでしょうか?それぞれについて答えなさい。ただし、以下の検索文字に現れる記号は、次のような文字を表すとします。

○:スペース(空白)以外の任意の文字列
  • 1. 検索文字列:○pty 置換文字列: Pumpty
  • 2. 検索文字列: ○all 置換文字列: ball
  • 【次年度へのコメント】 この課題は○を使って検索文字を表すところが分かりにくい。正規表現のメタ文字を○で表現しようとしているのだろうが、正規表現自体の解説をまだ十分には行っていないので、理解がむずかしい。まずは「任意の文字列」とか「・・・以外の文字列」という言葉に慣れて貰う方が先決だろう。
    • 【改良案1】 検索文字列に「空白以外の任意の文字が任意の数だけ連続してptyで終わる文字」を指定し、置換文字に「Pumpty」を指定して一括置換を行った場合、対象とするテキストはどうなるか?
    • 【改良案1】 検索文字列に「空白以外の任意の文字が任意の数だけ連続してallで終わる文字」を指定し、置換文字に「ball」をを指定して一括置換を行った場合、対象とするテキストはどうなるか?

復習課題:PukiWikiページを用いた共同作業

http://bean.bio.chiba-u.jp/joho/index.php?joho21%2FPROJECT にアクセスして、パワーポイントを使って発表するためのプロジェクト(7月16日の授業で班ごとに発表)のアイデアを書き込むこと。5月6日水曜正午までに、少なくとも1つのコメントを投稿すること。

  • 評価基準:
    • 上の指示通り各自のPukiwikiページを使って課題を提出できているかどうか
    • 予習課題の答えを提出しているかどうか
    • PROJECTページに少なくとも1つコメントを投稿しているかどうか

添付ファイル: file#2_4.jpg 903件 [詳細] file#2_3.jpg 939件 [詳細] file#02_2.jpg 950件 [詳細] file#02_1.jpg 1020件 [詳細]

Last-modified: 2015-05-13 (水) 16:42:35 (3269d)