日本語 | English
琉球大学熱帯生物学研究センター西表研究施設
 西表島での研究活動   Research Life in Iriomote Island  
 

大学院生やポスドクとして、西表研究施設で長期間研究したい方

西表島での数年間は、長い研究人生の中で、夢のような一瞬として思い出されます」(発言者不詳)
 

大学院・修士課程・2年間

西表研究施設の教員の指導のもと、琉球大学の修士課程に進学することは、可能です。ただし、卒業要件単位取得のためには、西原キャンパス(那覇)で行われる授業に出席しなければならない場合があるため、現実的には難しいのが現状ですが、改善策を検討中です。現状で可能な最低限のところは、
・西表研究施設の教員の他、西原キャンパス教員を指導教員として、西原キャンパスでも研究実施・授業単位取得
・西表研究施設の教員からは、日常的にはインターネット等を介して指導を受ける
・授業参加が不要な期間は西表研究施設で研究実施
ということになります。
 

大学院・博士課程・3年間

西表研究施設の教員の指導のもと、博士課程に進学することで、西表研究施設で数年間、研究に勤しむことができます。マングローブ、甲殻類、亜熱帯植物、サンゴ礁など、研究テーマは様々です。西表研究施設で博士課程の研究に興味のある方は、下記フォームから気楽に問い合わせて下さい。
JSPS特別研究員DCの進学先としての問い合わせも大歓迎です。受入時の研究プランや、申請書作成についても、DC学生を受け入れた実績のある教員がアドバイスします。
 

ポスドク・技術補佐員・数年

西表研究施設の教員の教員と共同で、ポスドクや技術補佐員として研究に従事することができます。ポスドク枠としては、
・JSPS特別研究員PD:毎年4月頃、西表研究施設の教員を受入研究者としてJSPSに申請
・熱生研(西表)・ポスドク:不定期募集。本ホームページ等でお知らせします。
・科研費等外部資金ポスドク:不定期募集。本ホームページ等でお知らせします。
の3つがあります。興味のある方は、下記フォームから問い合わせて下さい。

また、上記以外の方法として、西表研究施設の教員と共同で外部資金に応募し、ご自身のポスドク費用を確保するという方法もあります。研究支援員もセンター予算や各教員のプロジェクト予算で技術補佐員が募集される場合もあります。研究内容や研究体制によって、受入教員が相談に応じられると思いますので、下記フォームから気軽に問い合わせて下さい。
 

博士課程・技術補佐員・ポスドク問い合わせフォーム

以下の項目を入力して[決定]ボタンを押してください。
*印の項目は必須入力項目です。
*
*
(確認用)
*
問い合わせ種別を選んで下さい
*
*画像認証
上の文字列を入力してください。