日本語 | English
琉球大学熱帯生物圏研究センター西表研究施設
 西表島での研究活動   Research Life in Iriomote Island  
 

西表研究施設公開講座

公開講座

西表研究施設では、西表島における様々な研究者の研究活動や、琉球大学で実施している研究内容、西表研究施設を訪れる研究者の研究内容を、一般の方にも分かりやすくお伝えするために、公開講座を開催します。会場は西表研究施設第二研究棟1階の講義室で、入場は無料。事前の申し込みも不要です。ツアーガイドなどのお仕事をなさっている方でも参加しやすいように、夜、19:00〜の実施を基本とします。


第4回公開講座

11月7日(水)九州大学の佐竹 暁子先生にお話し頂きます。西表島に調査に来られるお忙しいスケジュールの合間を縫って、ご講演下さいます。また、調査に同行される修士課程の学生お二方(それぞれシロアゴガエルとサケの研究)もお話し下さいます。詳細は決まり次第、このページでお知らせします。


第3回公開講座

10月17日(水)北海道大学の藤井 賢彦先生をお招きして、「地球温暖化・海洋酸性化の状況と対策」についてお話し頂きます。藤井先生は地球温暖化と海洋酸性化という、いずれも私達が排出する二酸化炭素を主な原因とするされる地球レベルの環境変動野圏級がご専門です。この2つの現象は、将来の海洋生態系や私達の社会に大きな影響を及ぼしつつあり、例えば、日本国内におけるサンゴの分布や、白化現象にも関係しています。海洋保護区の設定やエコツーリズムについてもお話し頂けますので、地域住⺠の方だけでなく、ガイド業に携わる方にも興味をもっていただけると思います。皆様、どうぞ奮って、ご参加下さい。

第3回公開講座ポスター.pdf

第2回公開講座

8月22日(水)はスペインのラ・ラグナ大学から来られる Marcelino J. del Arco Aguilar教授に、カナリー諸島の自然についてお話しして頂きます。カナリー諸島はアフリカ西側にある海洋島で、そこに生育する植物は独自の進化を遂げたものが多くあります。また、テイデ国立公園(テネリフェ島)と、ガラホナイ国立公園(ゴメラ島)の2つが世界自然遺産に登録されています。del Arco Aguilar教授は植物の研究をされており、当日は、カナリー諸島の貴重な自然とそれを守る取組についてお話しして下さる予定です。講演は英語で行われますが、日本語での解説も行いますので、どうぞお気軽にご参加下さい。

第2回講座ポスター.pdf



第1回公開講座

記念すべき第一回講座は、長年、西表島においてイリオモテヤマネコの研究に携わって来られた、琉球大学理学部教授・伊澤雅子先生に、「イリオモテヤマネコの交通事故ゼロの西表島を目指して」というタイトルでお話し頂きます。6月7日の19:00開始です。多数の皆様のご来場をお待ち致しております。


・ポスターPDF(配付用):H30_6_西表公開講座.pdf
------H30年6月7日 公開講座データ----------
・2018年(H30年)6月7日(木) 19:00〜(約1時間)
・場所:西表研究施設講義室
・講師: 伊澤雅子先生(琉球大学理学部教授)
・演題:イリオモテヤマネコの交通事故ゼロの西表島を目指して
・内容紹介:「イリオモテヤマネコは西表島だけに生息し世界のネコ科の中でも珍しい様々な特徴を持っています。一方で、IUCNのレッドリストでは、ベンガルヤマネコの中で特に取り上げて絶滅危惧亜種に指定されているという、世界でも絶滅が危惧される動物であることは残念です。イリオモテヤマネコにとっての脅威の一つに交通事故があります。これは我々一人一人が気をつけることでゼロにできるものだと思います。本講演では、イリオモテヤマネコの生態やこれまでの情報から、交通事故の要因と防止策を皆さんと考えたいと思います。」
・参加費・定員: 入場無料・定員 約40名
・駐車場: 道路脇に駐車スペース 縦列駐車で10台程度。 100mほど離れた場所の車庫前に10台程度は駐車可能。
・開始5分前までにご入場下さい。
・問い合わせ先: 西表研究施設事務室 Tel 0980-85-6560
--------------------

・9月以降の実施計画につきましても、決まり次第、本ホームページでお知らせします。西表研究施設の教員による西表研究施設内での研究紹介、琉球大学理学部立原 一憲先生による浦内川の魚類研究の紹介などを、準備しています。どうぞご期待下さい。